滝吉農園 「嶽きみ」(とうもろこし)





「嶽きみ」 とは?

青森県弘前市の西部にある岩木山(標高1625m)の嶽地区標高(400~500メートル)の農場、嶽高原(嶽地区)で栽培・収穫されたとうもろこしの総称です。「嶽きみ」は、平成19年に地域ブランドとして、地域団体商標登録されています。



滝吉農園(生産者)


滝吉農園では親子2代に渡り、良質な「嶽きみ」を作り続けて20年以上、
兄弟・家族総出で、美味しい「嶽きみ」の生産をおこなっています。




美味しさのヒミツ


嶽きみは、津軽富士として有名な岩木山の高地で栽培されています。
昼と夜との寒暖差が厳しく、 その差が大きいほど「嶽きみ」は
強い生命力で生き抜こうとし、甘味が強くなります。

滝吉農園の「嶽きみ」の品種は「恵味」で、甘味が強く、粒皮が柔らかな強甘味種です。
岩木山の厳しい環境と、滝吉農園のたゆまぬ努力で美味しく育っています。




「鮮度」のこだわり

滝吉農園では鮮度にこだわり、あえて嶽地区では遅い時間帯となる
朝5時~7時頃の短時間で収穫しています。


新鮮、もぎたて「滝吉農園の嶽きみ」をクール宅急便でお届けいたします。



「とうもろこし」は収穫後も呼吸を続けるため、美味しさを保つためには、
収穫後すぐにいただくこと。これに尽きます。
スーパーなどの小売店では、早くても3、4日。
滝吉農園の「とうもろこし」は朝採り、産直です!
当社の運輸システムで、首都圏へは翌日お届け可能です!


クール便「冷蔵代金」はいただきません!

当社は運送時の「冷蔵代金」は頂いておりません!


収穫期間は1ヶ月!!

例年「嶽きみ」はお盆過ぎから9月前半が収穫時期となります。

例年、「嶽きみ」の収穫はお盆過ぎから9月前半。
滝吉農園の努力で、種まきをずらし、収穫時期を長くすることが出来ました!
それでも1ヶ月です!この1番美味しい時期の「嶽きみ」を是非食べて頂きたい、

美味しい「嶽きみ」をお届けしたい!と思っています。


予約で埋まります!

毎年、滝吉農園の「嶽きみ」を全国のみなさまが楽しみにしており、例年、予約で埋まってしまいます。期間中も販売は行っているのですが、ご迷惑をおかけすることもしばしば。

家族が丹精こめて作る「嶽きみ」。作付け数も莫大に増やせません。また自然相手の「嶽きみ」栽培 毎年収量が違います。

予約していただければ、本年度産の「嶽きみ」は必ずお届けいたします。

「嶽きみ」の発送はご予約順にお届けしております。また予定数量を超えた場合は予約できない場合がございます。


滝吉農園の「嶽きみ」を購入

滝吉農園 嶽きみ 今シーズンの販売は終了しました

「嶽きみ」の美味しい食べ方


新鮮なうちに茹でてお召し上がりください。

1. 嶽きみの皮を全て剥き、「ひげ」もきれいに取ります。

2. 鍋に嶽きみが隠れる程度の水を入れて火にかけ、沸騰したら嶽きみを入れます。

再度沸騰してから5分ほどで茹であがります。

3.茹であがりの直前に塩(嶽きみ5本に対して15~25g)を入れて出来上がりです。





食べきれない場合は

茹でた「嶽きみ」を常温になるまで冷まし、そのまま冷凍保存するのをオススメします。冷凍保存で2ヶ月ほどは美味しくお食べできます。

滝吉さんの「嶽きみ」を見られます!


今年は、滝吉さんの圃場に、当社の「シーカメラ」を設置し、温度や湿度などを観測します。カメラですので、お客様にも見ていただけるホームページを開設します!
「生産地」から「お客様へ」
お客様は、圃場をご覧になり、是非食べていただき、今度は「お客様」から「生産者」へお声、ご感想していただき、双方向の場になればと考えております!